ISベース柱脚工法 Sシリーズ・Cシリーズ

露出型弾性固定柱脚工法
(一財)日本建築センター評定/国土交通大臣認定

アイエスケー株式会社

資料請求・お問合せ

ISベースについて

ISベース柱脚工法は、大臣認定の材料を使用し、(一財)日本建築センターの一般評定を取得した、角形鋼管、円形鋼管及びH形鋼を柱とする露出型弾性固定柱脚工法です。
本工法は、基礎コンクリートにアンカーボルトを設置し、鉄骨建方後にベースプレートと基礎コンクリートの隙間に無収縮モルタルを充てんして基礎コンクリートとベースプレートを一体化させ、柱脚の固定度を確保する工法です。
ISベースには、柱軸力0における柱の全塑性曲げモーメントに対して、柱脚の曲げ耐力がα倍を満たす保有耐力接合タイプと、柱の設計応力に適合する柱脚ヒンジタイプの2通りがあります。
柱脚ヒンジタイプは、コンクリート充てん鋼管(CFT)にも対応しています。

ISベースの製品構成

保有耐力接合タイプ

ss
角形鋼管用
cc
円形鋼管用
h
H形鋼用

柱脚の設計が容易。しかも高い柱脚耐力で安心・安全。

柱脚ヒンジタイプ

sesu
角形鋼管用
ce
円形鋼管用

柱脚を選べる自由設計で、更なるコストダウンを実現。

サイズ一覧表

ISベースの実績

ボルトメーカーのノウハウを結集!
製造から販売、施工に至るまで、徹底した品質管理体制を築いています。

ISベースの実績

ダウンロード
設計資料/評定書・認定書/カタログ

資料請求・お問合せ

お客様へのお願い